ぎっくり腰になってしまった!理学療法士が教える3つの対処法とは?エターナルフィット

つらいつらいぎっくり腰、経験ある方も多いのではないでしょうか?

  • 無理な動作
  • 急な動作
  • 重いものを持ち上げる

などなど原因はさまざまです。

「ぎっくり腰」、「急性腰痛症」、「魔女の一撃」

呼び方も多くあります。

それだけ私たちにとって身近な存在ではないでしょうか。

今回はそんなぎっくり腰になってしまった時の対処法をお伝えします。

過度な安静はNG!

痛みの強いうちは(特に初日)、安静にしているほかないと思います。

ですが、過度な安静はNGです。

腰痛のガイドラインでも基本的に過度な安静は勧められていません。

私たちも「普段通りの生活をするように心がけましょう」と伝えることが多いです。

コルセットはしてもOK

コルセットはしてもいいの?という質問を良くされます。

痛みが強い場合は、我慢せずにコルセットに頼ってもいいと思います。

コルセットで少しでも痛みが楽になるのであれば、それで良しです。

ただ、長期間着用することで、筋力が低下する可能性がありますので、

あくまでも痛みが強い時期だけ使用することをお勧めします。

痛みが落ち着いたら運動開始

痛みが強いうちは、我慢してまで運動することはお勧めしません。

特に、痛みのでる動きはなるべく行わないほうがいいです。

低負荷での有酸素運動は痛みを和らげる効果がありますので、無理のない範囲で行ってもいいと思います。

痛みが和らいできたら、再発予防のために運動をしたほうが良いです。

内容としては、

  • 股関節周りのストレッチ
  • 体幹のインナーマッスルのトレーニング

これらをお勧めします。

エターナルフィットでは

  • 再発予防のトレーニング指導
  • 日常生活のアドバイス
  • 自宅でできるストレッチ
  • 硬くなった腰回り、股関節周りのボディメンテナンス

お客様それぞれに応じた内容でサポートしていきます。

※場合によっては、医療機関の受診を勧める場合もございます。

スタッフまで気軽に相談してください。

  1. ストレートネック
  2. 肩こりと背骨
  3. 肩こり
PAGE TOP