0キロカロリーの食べ物や飲料水は本当に痩せるの?0キロカロリー商品の落とし穴とは?

こんにちは!エターナルフィットトレーナーの八島です。

皆さん、一度は0キロカロリーの食べ物や飲み物を口にされたことがあるのではないでしょうか?

今や、世の中ではジュースやゼリーなどたくさんの0キロカロリーの商品が置かれています。

ちゃんと甘さがあるのに、0キロカロリーって不思議に思いませんか?

そこで、今回は0キロカロリーの商品について少しお話させていただきます。

実は0キロカロリーじゃない?

 食品のカロリーに関する表示のルールは「健康増進法」という法律で決められています。 「カロリーゼロ」や「ノンカロリー」といった表示は、食品100gあたり5kcal未満(飲料の場合は100 ml あたり5kcal 未満)にエネルギーを抑えていれば表示できることになっています

つまり、0キロカロリーと商品に書いてあっても、栄養成分表をよく見てみると糖質が何グラムか入っているなんてことも少なくありません。もちろん、1個だけで太る原因にはなりませんが、過剰に食べ過ぎてしまうと、知らず知らずに太っている原因になったりもします。

甘さの正体とは?

とはいえ、ほぼ0に近いカロリー・糖質量でしっかりとした甘さを出すのは不思議ではないでしょうか?

あの甘さの正体は「人工甘味料」にあります。

人工甘味料とは、人工的に化学合成された甘味料のことです。代表的なものではアスパルテームがあり、砂糖と同じく1グラム当たり4キロカロリーありますが、砂糖の200倍の甘みがあるため、砂糖と比べて少量で甘みを実現できる、これがカロリーを抑えて甘さを出すカラクリになります。

「カロリーを抑えたうえで、甘いものが食べられるなんて最高じゃん!!」そんな風に思いますよね?たしかに、摂取カロリーを抑えられるためダイエット効果はあるといえます。

でも、人工甘味料にはデメリットもあるんです。

味覚を鈍化させる・・・先ほど述べたように、人工甘味料は砂糖の数百倍も強い甘味をもちます。その甘味に慣れてしまうことで、甘味を感じにくくなってしまうことにつながります。また、甘味に鈍感になると、もっと甘い糖質を欲するようになり、糖質の摂りすぎにつながるといわれています。

食欲が増す・・・通常は食べ物を食べ、甘味を感じると血糖値が上がります。しかし、カロリーがほとんどない人工甘味料では、血糖値の上昇が起こらず脳の満足感が少なくなり、その結果食欲がより増大しやすくなります。

0キロカロリー食品の正しい活用方法

主食にせず、間食で利用!・・・0キロカロリー食品に頼りすぎ主食に取り入れてしまうと、カロリーがほとんどないわけですから、体内のエネルギーが枯渇した状態となり、かえって食欲の増大につながってしまいます。3食バランスよく食べた上で、どうしても口が寂しくなった時や、普段食べていたお菓子のかわりに食べるなど、あくまで食事の補助的な存在として活用してみてください!そうすることで、ゼロキロカロリー食品のメリットが正しく活かされ、ダイエットを手助けしてくれるアイテムになるはずです!

エターナルフィットについて

エターナルフィットは札幌市西区・厚別区・中央区にあるメディカルフィットネスです。
ダイエットはもちろん、生活習慣病をお持ちの方でも通っていただけます。
迷っている方はまずはパーソナルトレーニングの体験からがおすすめです。
・ダイエットなどのなりたい目標のカウンセリング
・体組成計(Inbody)の測定とアドバイス
・目的に合わせたオーダーメイドのパーソナルトレーニング
これらを体験していただけます。
お電話かHPからご予約ください!
今なら通常3,980円のところ、西町店・厚別店は「990円」、円山店は「無料」でご案内しています!!

🔸エターナルフィット西町南
→→011-215-7789

🔸エターナルフィット厚別
→→011-375-7666

🔸エターナルフィット円山
→→080-3562-4947

  1. トップ画像
PAGE TOP