靴選び

靴選びの3つのポイント!ジムに通うなら知っておきたい!

みなさんは靴を買う際に、どんなところを見て決めていますか?

・価格

・デザイン

この辺りだけをみていませんか?

値段が安くても、機能性がいい靴はたくさんあります。また、高くても履き心地が悪い靴もたくさんあります。靴選びをする際に一番と言っていいほど重要なことは、「自分の足に合っているか」です。

足の形は、十人十色で色々な形がありますが、自分に合った靴を履いている方はほとんどいないのが現状です。

自分の足に合っていない靴を履き続けると、どんどん足の形を変えていき、外反母趾や扁平足などの障害を引き起こしてしまいます。

靴の影響で、「姿勢」や「日常の動き」、「スポーツ」に影響が出てくることもあります。

そうならないために、今回はそんな「靴選びのポイント」を三つご紹介していきます。

①買う前に必ず試着して歩いてみる

当たり前!と思われる方もいるかもしれません。

が、意外とやってない方が多いです。

靴によっては、表示サイズよりもサイズ感が違うので、必ず試着しましょう。

歩きなど、動きも確認できると尚良いです。

②サイズだけでなく、足幅も

足幅とは、足の横のサイズ(親指と小指の付け根の幅)のことで、この横の幅を「ウィズ」と言います。

靴屋さんでもウィズを測定してくれるところもありますので、靴を買う前に測定して、靴のウィズにも目を向けましょう。

③ヒールカウンターがちゃんとあるか

ヒールカウンターとは、踵を支える部分で、ヒールカウンターが柔らかい場合は、踵部分が固定されないため、足が動きやすくなってしまいます。

カウンター部分を手で摘んで指先まである程度硬く覆われている靴を買いましょう。

エターナルフィットでは

理学療法士がお客様の症状や歩き、動作をみて

インソール(中敷)を作成しています。

インソールを作ることによって、歩き、動作だけではなく、

筋トレの効果や姿勢などにも良い影響があります。

気になる方はぜひスタッフまでお声がけください。

  1. 果物、ダイエット
PAGE TOP