肩こりと背骨

肩こり対策!ぐんぐん伸びる背骨のストレッチ3選!

今回は肩こりシリーズ。

肩こりと一括りにしても、人によって原因や症状、弱点部分は異なります。

そんな肩こり対策も様々なものがありますが、

今回はその中でも、理学療法士がリハビリ等でも指導している、「背骨」に着目したストレッチを紹介します。

なんで背骨のストレッチ?

タイトルを読んで、なんで背骨?と思った方も少なくないと思います。

ここからは、背骨と肩こりの関係を解説します。

背骨は、頭から股関節まで、身体の中心を支える大事な役割があります。

その中でも、肩こりには「胸椎」が重要と感じています。

胸椎は意識して動かす機会が少なく、硬くなりやすい部分だからです。

姿勢にも大きく関わってきます。

胸椎の外側には肩甲骨があります。そして、胸椎と肩甲骨の動きは関連しています。

胸椎が曲がると、肩甲骨は外側へ動きます。

いわゆる猫背姿勢や肩こりがある方は、胸椎の動きが悪くなり、肩甲骨の動きも同様に制限されていることが多いです。

そのため、胸椎の動きがしっかり出ると、肩甲骨も良く動くようになります。

また、胸椎の動きが悪くなると、自律神経にも影響します。

交感神経が優位に働いてしまうと、筋肉の緊張が増し、肩こりも悪化しやすくなります。

以上のことから、背骨、特に胸椎は肩こりと関係してきます!

背骨のストレッチを紹介

今回紹介するものは、全て四つ這い姿勢で行います。

そのため、誰でも真似しやすいと思います。

キャットアンドドッグ

こちらは、背骨全体を丸めて、その後、全体を反らします。

この時、背骨を一つ一つ動かすようにしましょう。

側屈

背骨全体を一つ一つ動かすようにしていきます。

回旋

お腹の下から反対側へじわじわ遠くへ手を伸ばしていきます。

※どの動きも、呼吸を止めないようにしましょう

それぞれ10回程度ずつ行いましょう

エターナルフィットでは

当フィットネスクラブでは、通常のジム会員に加え、マンツーマンでの「パーソナルトレーニング」や「ボディメンテナンス」のプランがあります。西町南以外にも、琴似、山の手、西野などの西区にお住まいの方が多く通っていただいております。

トレーニングをしたい方はもちろん、肩こり、腰痛にお悩みの方にもおすすめです!

・肩周りへの負担が少ないエクササイズの指導

・肩こり改善のためのボディメンテナンス

・姿勢、セルフケアのアドバイス

お客様それぞれに応じた内容でサポートさせていただきます。

※場合によっては医療機関の受診を勧めることがあります

ぜひ気軽にお声がけください!

  1. ストレートネック
  2. 肩こり
PAGE TOP